MLK

今週の月曜日はキング牧師 生記念の祝日だった。たぶん誕生日だと思う。あまり殺された日を記念日にすることは無いと思うんでね。キング牧師は中学の英語 の教科書にも載るくらい知られた人で、彼のI have a dream…スピーチはあまりにも有名すぎると思う。その彼が訴えたことは、とてもシンプルで、今になれば当たり前のことだけれど、黒人でも白人でも 平等に扱うべきだという、いたってシンプルなことだった。こんな当たり前のことを、当時の人たちは当たり前と思っていなかったと言う現実は、今日かなり影 を潜めたんじゃないかな。
でも、この盲目の人間による社会 形成というものは、いつの時代にもあって、今日もいたるところに存在すると思う。まぁ、 日本なんかはそれの宝庫でしょ。男 女差別から、朝鮮人問題なんていうのは当たり前で、どっちかって言うと毎日の生活の中で垣間見られる村社会がその際たるものかもしれない。
まぁ、 そういった盲目の社会形成の中に、21世紀の移民コミュニティーというものがあると思う。これは国連 把握しているものだけれど、今日の移民は世界 中の人口の3パーセントを上回るといわれていて、もちろんこの数字はこれからどんどん伸びてくると思う。グローバル化だね。もちろん自分の生活に満足して いて、さらに刺激を求めて移民する(典型的な日本人移民タイプ)もいるけれど、移民の多くは経済面、政治面での困難を理由に移民するケースがそのほとんど だと思う。これは不可抗力によって移民するわけで個人の問題としてみるよりも、世界全体の流れのひずみがその3パーセントとして出てきているんだなぁ。
んでもって、今の国際社会では誰が何を叫ぼうと、そういった「移民」たちを国際社会の一人間として扱う法律なんてものは制定されず、アムネスティーや国 連が人権を武器に口撃するのが精一杯という状態。高齢化によって、移民受け入れ需要急増中の日本社会では、このグローバル化の犠牲者たちをどのように受け 入れるのだろうか。キング牧師が叫んでいたように、ごく当たり前に一人の人間を人間として平等に扱う、そういった姿勢があればいいなぁ。でも無かったら無 いで、コミュニティーオーガナイザーの腕の見せ所だけどね。

CO道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA